魚をさばく

魚をさばくのは簡単


  

◆魚をさばくのは簡単!!◆


  魚をさばくというと少し難しく感じませんか?


  はらわたとって、三枚におろして・・・、俺(私)そんな器用じゃないしって
  思っちゃったりしませんか?それがやってみるとそんな難しいことじゃないんですよ。
  僕もぜんぜん器用じゃありませんしね。


  魚をさばくことができると、釣った魚をその場で新鮮なうちに調理できますし、
  それに魚をさばくことができるって、これまたちょっとかっこいいと思いませんか?


  以前テレビでいっていたのですが、今の子供たちはスーパーで売っている魚の切り身が
  そのまま海や川で泳いでると思っている子もいるらしいです。


  最近じゃあ魚を一匹買ってきて家でさばくなんてあまりしませんしね。
  切り身のほうが手間を考えれば少々割高でも断然楽ですしね。
  もちろん僕も家ではやりませ〜ん。切り身専門です!!


  でもキャンプだと手間をかける時間があります。料理も手間をかければかけただけ
  おいしく感じると思います。それが自分で釣った魚となればおいしさも倍増ですよね。


  それに魚をさばくことができるようになってくると、これが結構おもしろくなってくるんですよ。
  さすがに何十匹もやるのはちょっと疲れちゃいますけど・・・。


  そこでここでは魚をさばく方法を写真を使って紹介します。
  もし興味ありましたら参考にしてみてくださいね。




  【魚をさばく方法】


  1:魚を用意します。今回はニジマスを使ってみます。

  2:まず包丁の背などでうろこをとります。
    (うろこが細かい魚でしたら包丁の刃のほうが
    やりやすいかもしれません。)

  3:肛門の部分から包丁をいれヒレのあたりまで
    切れ目をいれます。

  4:内蔵をすべて取り出し血合い(写真の黒い部分)を
    親指の爪をつかって取り除きます。


    ここまでではらわたを取り除いたのでもう調理できます!!
    簡単でしょ!?


    塩焼きにしたりホイル焼きにしたり、
    ムニエルもできちゃいます。




  それでは次はもっと食べやすくするために三枚下ろしにしてみます。


  1:頭を落とします。

  2:写真のように骨の上側に包丁を入れ、
    骨を感じながら尾ビレのほうまで切っていきます。

  3:反対側も同じように上側に包丁をいれ、
    やはり骨を感じながら尾びれのほうまで
    切っていきます。
    (背びれ側を自分の方に向けたほうが
    さばきやすいと思います。)

  4:これで三枚になりました。

  5:最後に腹骨を包丁で削ぎ落とします。

  6:これで三枚下ろしの出来上がりです。
    (骨の部分は捨てちゃったので二枚になってますね)
    

    三枚に下ろすと食べやすいし、大きな魚でしたら
    切り分けて料理できるので便利です。
    もちろんムニエルもできますし、
    フライなどにはこちらのほうが食べやすいですね。




  いかがでしたか?僕もプロではないのですごいうまいわけではありませんが、
  素人でもこのくらいは簡単にできるようになると思いますよ。


  自分で釣った魚を自分でさばき、自分で料理する。なんかかっこいいですよね。
  その料理はなんともいえない味になると思います。
  ぜひチャレンジしてみてください!!



  
アウトドアは趣味の王様TOP

 ■アウトドアは趣味の王様TOP


 ■アウトドアは趣味の王様とは?
 ■デイキャンプに行ってみよう!
 ■泊まりキャンプで星空をみる
 ■キャンプの道具達T
  〜ランタン・バーナー〜
 ■キャンプの道具達U
  〜テント・タープ〜
 ■キャンプの道具達V
  〜シュラフ・服装・まとめ〜
 ■ファミリーキャンプのすすめ
 ■手軽に自然を感じる
  バードウォッチング
 ■焚き火の魅力
 ■キャンプのマナー
 ■ファーストエイドと虫対策
 ■ダッチオーブンの威力
 ■師匠直伝!!手作りベーコン
 ■魚をさばくのは簡単!!
 ■ウォーキングのすすめ
  〜継続は力なり〜


 ■管理釣場でつり体験
 ■美しき源流の魚たち
 ■ヒメマス釣りとキャンプ
 ■カワハギ釣り奮闘記
 
 ◇カワハギ釣行記 2006


 ■僕流、京都の旅
 ■沖縄、ダイビングの旅
 ■白川郷〜平湯キャンプにて〜




 ◆プロフィール
 ◆リンクについて

Copyright (C) アウトドアは趣味の王様 All Rights Reserved