ランタン◆バーナー

ランタン◆バーナー


  

◆キャンプの道具達T〜ランタン・バーナー〜


  ここではキャンプの道具の中のランタンバーナーについてお話させていただきます。
  ご存知の方もいらっしゃると思いますがランタンとは照明器具で、バーナーとは熱源です。


  何回もキャンプを経験してくるとだんだんレンタルではなく自分の道具がほしくなってくると思います。
  キャンプの道具は安いものではありません。


  けれども一度買ってしまうとメンテナンス次第で本当に長くつかえます。
  すのでじっくり選んで自分のアウトドアスタイルにあった道具選びをしてください。

 
  ここに紹介するものはキャンプの道具の中でも
  ごく一部です。
  
  ですので少しだけ参考にしていただいて、
  お時間がある時にアウトドアショップなどで
  実際にいろいろなものをみたりさわったり
  してみてください。結構楽しいですよ!!
  ■ランタン    
     
  ランタンとはキャンプの夜を照らしてくれる照明器具です。
  ランタンには大きく分けて三つのタイプがあります。
  電池式のランタン、ガスカートリッジ式のランタン、ガソリン式ランタン。
  種類別に特徴をお話いたします。


  電池式ランタン=スイッチをひねったりするだけで点けたり消したりができます。
  要するに懐中電灯みたいな感じです。


  僕の場合、電池式ランタンは主にテントの中で使います。懐中電灯でも代用可能だと思います。


  ガスカートリッジ式ランタン=これは燃料がガスカートリッジなので
  ガソリンを入れる手間もポンピングする手間もありません。ですので手軽に使えます。
  光量があるものも多いのでメインとして使っている方も結構いらっしゃいます。
  だしガスカートリッジは少しコストがかかる気がします。


  僕の場合、ガスカートリッジ式のランタンは小さいものしかもっていないので
  にテーブルの上に置いてサブとして使っています。


  ガソリン式ランタン=このランタンがまだ一番主流ではないでしょうか。
  明るさもかなりのものですし、ガソリンですので燃費もいいです。
  ただしガソリンの注入やポンピングなどの手間はかかります。


  僕の場合、一番最初に購入したのがこのタイプで手間はかかりますが一番のお気に入りです。


  ☆ちょっと一言     


  今は燃料にカセットボンベなどが使えるタイプもあります。コスト的にも安くすむと思いますが、
  光量の面ではちょっとわかりません。光量に問題なければかなりいいかもしれません。


  ランタンの灯はとても幻想的で僕は大好きです。
  それに夕暮れ時にランタンの灯を点けて、
  あの「ゴー」っていう音を聞くと
  「あー、これからキャンプの夜が始まる!!」
  といつもワクワクします
  ■バーナー


  次は料理には欠かせない熱源のバーナーです。

  キャンプの本道は、自分で火をおこしそれを利用して調理することだとは思いますが
  いくつも焚き火やるわけにはいかないし、熱源はいくつかあったほうが料理も手際よく
  できますので、やっぱり持っていた方がかなり便利だと思います。楽ですしね。


  それではまずバーナーの種類と特徴からいきたいと思います。
  バーナーは大きく分けて二種類あります。ツーバーナーとシングルバーナーです。
  その名の通り二つと一つですね。それでは一つ一つお話いたします。


  ツーバーナー=バーナーの部分(火が出る所)が二つあるものです。
  二つのバーナーがあるので一つは炒め物、一つは煮物など料理の手際をかなりよくしてくれます。
  ただ専用のスタンドなどがないと置き場に困ります。(カートリッジ式はわかりませんが・・・)


  僕の場合マルチスタンドを使って置いていますが、安定性があまりよくないので
  風のあるときなどは出しません。専用のスタンドを使えば安定性は良くなると思いますが、
  ちょっと荷物になると思います。値段もいいですし。


  ただ、ツーバーナーは家族でキャンプへ行くときや、長期滞在の時などに便利です。
  少人数やデイキャンプなどのときはちょっと面倒かも。←僕は使いません。


  シングルバーナー=いうまでもなくバーナー部分一つのものです。
  かさばらず、使いたいときにさっとだせる手軽さが魅力です。


  パーコレーター(コーヒーを沸かすケトルのような物)でコーヒーを沸かしたりする時にも重宝します。


  カートリッジをそのままバーナー下部に取り付けるタイプや、
  ガスホースがついていてバーナー部分と離れたところにガスカートリッジ
  をつけるタイプなどいろいろな形がありますので、用途に応じて選んでみてください。


  僕の場合はホースのついてる方を使用しています。僕のもっている物は安定性もよく
  テーブルの上に置いて鍋料理するときにも使います。僕のキャンプでの熱源では一番よく使います。


  ☆ちょっと一言

  ツーバーナーにもシングルバーナーにもガスカートリッジ式とガソリン式があります。
  全ての燃料を使う道具にいえることだと思いますが、ガソリン式のほうが火力が強く、
  外気温にも左右されにくいし、燃費も良いと思います。


  ただガソリン注入やポンピングなどの手間がかかります。
  ガスカートリッジ式は手間もかからず、取り付けも簡単で使いたいときに
  すぐ使える手軽さはありますが、火力の安定性や燃費ではガソリン式には及ばないかと思います。


  僕の場合はツーバーナーはガソリン式でシングルバーナーはカートリッジです。
  ツーバーナーはまだしも、シングルバーナーでガソリン式を使っちゃうと
  せっかくの手軽さがもったいないですからね。

  あともう一つの案として家で使うカセットコンロなんかを使うのも良いと思います。
  燃料として使うカセットボンベもコスト的にすぐれていますし、
  家で使ってるやつを持ってけばいいだけですしね!!代用できるものは代用したほうが◎です。


  キャンプの道具達〜ランタン・バーナー〜はいかがでしたか?
  次はテントとタープについてお話させていただきます。




                                           >>テント・タープ編へ行く



  
アウトドアは趣味の王様TOP

 ■アウトドアは趣味の王様TOP


 ■アウトドアは趣味の王様とは?
 ■デイキャンプに行ってみよう!
 ■泊まりキャンプで星空をみる
 ■キャンプの道具達T
  〜ランタン・バーナー〜
 ■キャンプの道具達U
  〜テント・タープ〜
 ■キャンプの道具達V
  〜シュラフ・服装・まとめ〜
 ■ファミリーキャンプのすすめ
 ■手軽に自然を感じる
  バードウォッチング
 ■焚き火の魅力
 ■キャンプのマナー
 ■ファーストエイドと虫対策
 ■ダッチオーブンの威力
 ■師匠直伝!!手作りベーコン
 ■魚をさばくのは簡単!!
 ■ウォーキングのすすめ
  〜継続は力なり〜


 ■管理釣場でつり体験
 ■美しき源流の魚たち
 ■ヒメマス釣りとキャンプ
 ■カワハギ釣り奮闘記
 
 ◇カワハギ釣行記 2006


 ■僕流、京都の旅
 ■沖縄、ダイビングの旅
 ■白川郷〜平湯キャンプにて〜




 ◆プロフィール
 ◆リンクについて

Copyright (C) アウトドアは趣味の王様 All Rights Reserved