ベーコン

手作りベーコン


  


◆師匠直伝!!手作りベーコン◆

  
  キャンプの楽しみの一つである料理。
  僕は少し長い間滞在するときのキャンプやはじめて連れて行く人がいるときなど、
  よく手作りのベーコンをキャンプ場で作ります。


  手作りベーコンの作り方を知ったのは僕のアウトドアの師匠のお陰でした。
  それまで僕はベーコンはスーパーや肉屋さんで売っているものだと何の疑いもなく思っていました。


  しかしある時、僕のアウトドアの師匠が作ってくれたベーコンを食べさせて
  もらったとき「これがベーコン!?」というほどの衝撃を受けました。
  売っているベーコンとは似ても似つかない程に旨過ぎたのです!!


  興味を持ちつつも「俺にはベーコンなんて作れるわけないな。」などと思い込み、
  作り方も聞きませんでした。
  しかし何度もそのベーコンをご馳走になっているうちに、「これは絶対習得したい!!」
  と思うようになり、師匠にお願いしてベーコンの作り方を教えてもらいました。
  すると、あれあれ!?という間にちゃんとした手作りベーコンが出来上がりました。


  もちろん師匠の教え方がうまいのが一番の要因なのですが、ベーコンを作るのは
  そんなに難しくないんだなぁということも感じました。


  そんなに難しくないのにめちゃくちゃいうまいベーコン!!それに一回作ってしまえば
  いろんな料理に使えます。例えば厚切りにしてベーコンステーキはもちろん、
  パンにベーコン、レタス、トマトをはさんでBLT。パスタと一緒にぺペロンチーノ。
  スープの具材にも使えます。


  そんな便利でめちゃくちゃおいしい手作りベーコンの作り方を簡単にですが紹介しますね。


  【材料】


  豚ばら肉ブロック(500gに対しての材料です) 
  粗塩 20g〜30gくらい ブラックペッパー 適量
  セージ オールスパイス ナツメグ etc,,,
  それぞれ小さじ1/2くらい
  (僕は目分量なのでだいたいです)
  固形スープの素 1個 ローレル 2〜3枚
  お好みのスモークチップ(僕はヒッコリーをよく使います)

  スパイスは他にもいろいろありますので好みでいいと思います。
  最終的には塩抜きしますのであまり細かく計らなくても大丈夫だと思います。


  ■作り方


  ☆自宅でやっておく下ごしらえ。キャンプに行く少なくとも5日前には着手しましょう。


  1:まず上記の肉とスモークチップ以外の材料を
    混ぜ合わせておいてください。


    (固形スープの素は砕いて粉末にして下さい。
    ローレルも砕いて一緒に混ぜて下さい。)


  2:豚バラ肉のブロックを水道水でよく洗ってください。
    血がまだ残っているところはしっかりと血の部分を洗い流してください。


  3:洗った肉をペーパータオルなどでよく水気をとり、
    水気をとった肉にフォークや竹串などでまんべんなく
    穴をあけます。


  4:その後、先ほど混ぜておいた
    材料を肉にすり込んでいきます。
    (ひだの部分もしかっりとすり込みます)


    スパイス等をすり込んだらフリーザーバックに
    いれておきます。


  5:フリーザーバックにいれた肉を冷蔵庫でキャンプに行く前日までねかせます。
    一日一回、上下をひっくり返しておきましょう。(軽い重しをのっけておくと形が整います)


  6:キャンプ前日の夕方頃に
    ねかせておいた肉を取り出し、よく洗います。


    そのあとボールに洗った肉をいれで1時間くらい
    流水で塩抜きをします。

  7:塩抜きした肉をまたペーパータオルなどでよく水気をとり、
    水気をとった肉に穴をあけタコ糸を通しておきます。
    その肉を陽のあたらない場所で乾燥させます。(だいたい5〜6時間くらい)


   8:肉を乾燥させたらまたフリーザーパックにいれ冷蔵庫に入れておきましょう。
    その肉をキャンプへ行くとき、忘れずにクーラーに移してフィールドに持っていきましょう。




  ☆キャンプ場にて。


  1:スモーカーを用意する。僕の場合は
    市販のスモーカーは使いません。
    市販のスモーカーを使われる場合は説明書を読んだり、
    お店のかたに聞いて温度や燻煙にかける時間など
    調節してください。

  2:僕の手作りスモーカーです。
    一斗缶を一回り大きくしたくらいのダンボールと
    ストーブを使います。下部にはストーブからの
    ホースを出すために脚を作ります。
    一つの側面にはのぞき窓を作ります。
    煙が出そうなところすべてを
    アルミのテープで塞ぎます。
    写真ではわかりにくいかもしれませんが、
    肉を吊るすために長めの金串で
    ダンボールを貫通させてあります。

  3:写真のように金串をスモーカーに通し
    肉を吊るします。

  4:バーナーのうえに鉄の皿をのせ
    (100円ショップで買いました)肉を吊るした
    スモーカーをかぶせそのまま火をつけて
    弱火から中火で約20分温乾します。


    (鉄皿をのせないと肉からの油がバーナーに落ちて
    あぶないです)

  5:約20分たったらのぞき窓をあけ金串を肉に刺し、
    肉の中心が暖かいくらいになったら火を止めます。


    その時の気温で温乾の時間は変わりますので
    調整してみてください。
    (まだ冷たいようでしたらもうちょっと温乾しましょう。)

  6:鉄皿にスモークチップをのせ温乾の時と同じように
    スモーカーをかぶせ、肉を燻煙にかけます。
    やはり弱火から中火でまず20分〜30分くらい。


    ほんの少し水をたらしておくと油で燃えなくて
    良いと思います。

  7:終わったらまた金串で肉の様子をみます。火を調節しながらまた燻煙にかけます。
    これも20分〜30分くらい。


  8:のぞき窓から何度か様子を見て、また金串で刺し、
    肉の中心が熱いと感じたらできあがりです。
    あまり燻煙にかけすぎると渋くなってしまいますので
    注意してください。



  こんな感じに出来上がります。↑↑↑あめ色になったベーコンはホントに自分で作ったのって
  思ってしまうくらいおいしいです!!


  中まで火は通っているのでそのままでも大丈夫だとは思いますが、僕はまたこれを焼いて食べます。
  (心配でしたら焼いてください。また出来上がったばかりより一日置いたほうがうまいです。)


  このベーコンでぺペロンチーノやベーコンエッグ、または厚めに切ってベーコンステーキ
  などを作るとホントにうまいです!!よかったら挑戦してみてくださいね!! 



  
アウトドアは趣味の王様TOP

 ■アウトドアは趣味の王様TOP


 ■アウトドアは趣味の王様とは?
 ■デイキャンプに行ってみよう!
 ■泊まりキャンプで星空をみる
 ■キャンプの道具達T
  〜ランタン・バーナー〜
 ■キャンプの道具達U
  〜テント・タープ〜
 ■キャンプの道具達V
  〜シュラフ・服装・まとめ〜
 ■ファミリーキャンプのすすめ
 ■手軽に自然を感じる
  バードウォッチング
 ■焚き火の魅力
 ■キャンプのマナー
 ■ファーストエイドと虫対策
 ■ダッチオーブンの威力
 ■師匠直伝!!手作りベーコン
 ■魚をさばくのは簡単!!
 ■ウォーキングのすすめ
  〜継続は力なり〜


 ■管理釣場でつり体験
 ■美しき源流の魚たち
 ■ヒメマス釣りとキャンプ
 ■カワハギ釣り奮闘記
 
 ◇カワハギ釣行記 2006


 ■僕流、京都の旅
 ■沖縄、ダイビングの旅
 ■白川郷〜平湯キャンプにて〜




 ◆プロフィール
 ◆リンクについて

Copyright (C) アウトドアは趣味の王様 All Rights Reserved